【無料インジ】移動平均線の角度でトレンドとレンジを見分ける

 

!!!angleofma

 

今回は、GORIが気に入っている移動平均線の角度が分かるインジ【!!!angleofma】を紹介。

 

GORI
GORI

まれに、トレーダーの方で『移動平均線の角度は45~60度が最強』なんて言っている方がいますが、GORIとしてはその意見はちょっと??です。

 

なぜなら、その人が見ているチャートと自分の見ているチャートは条件が違うから。

 

その証拠に、下の画像をご覧ください。

 

 

サブウインドウの表示の仕方だけでも、チャートウインドウのMA(緑色)の角度は違っているでしょ。

 

GORI
GORI

モニターの大きさや解像度なども、チャートウインドウのMAの角度に影響します。

 

今回紹介するインジは、誰がどんな条件でチャートを見ても角度が一緒になるので、複数人で角度の討論をする方は使ってみてください。

 

使い方ですが、サイドの目盛りですが0度・10度・45度・90度とマイナス側も同様に角度が記載されています。

 

普段、ご自身が使用されているMAの条件をパラメーターから変更してみます。

 

GORI
GORI

上の画像では、GORIが良く使用してあるEMA20と色も黄色に変更してあります。

 

デフォの条件では、SMA50の過去10本(変更可)で角度を測っています。

 

見方の一例として

  • 0度ラインは完全なレンジ相場
  • 10度ライン以内もレンジ相場とみなす(角度は変更可)
  • 10度を超えて45度ラインをトレンド相場(同様に角度は変更可)
  • 45度を超えるとトレンド相場の終焉とみなす

 

 

GORI
GORI

角度を求めるのに使用する本数やMAの期間などによっても見方はかなり違ってきますので、ご自身が使っているMAの期間をセットしてからサイドにある角度ラインを弄ってみて、レンジとトレンド見分ける角度調整をしてみてください。

 

 

GORIならこう使う

必勝法としては、長期トレンドを表示して短期で『押し目』『戻り』を狙います。

 

 

上の画像は、チャートウインドウのMAとサブウインドウともにEMA20とEMA80で設定しています。

GORI
GORI

過去検証でキチンと角度の調整を行ってください。

 

気になった方は使ってみてください。

 

パラメーター

 

 

変更可能な範囲が多いので、弄ってみてください。

 

 

インジケーターのダウンロード方法

★以下の『バナー』をクリックすると、バナーの下にダウンロードボタンが表示されます。

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

 

 

【FX&BO】MT4専用の無料インジケーター紹介サイト

 

当サイトからお知らせ

 

只今、当サイトから口座開設をしてくれたトレーダーの皆様に『海外の人気トレード手法』をプレゼント中です。詳細は画像をクリックしてください。

 

 

インジケーターの設定方法

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました