【無料インジ】かつて大人気だった聖杯級のシグナルインジケーター

 

VQ

 

かつて大人気だったVQ「Volatility Quality」を紹介。

 

GORI
GORI

GORIがFXをし始めた当初は、結構大人気で色んな方が聖杯探しに没頭していました。

 

GORIも、しばらくは過去検証で聖杯探ししていましたが途中で断念しました。

しかし、いまでも聖杯はあるものと信じていますよ。

たぶん…

 

それが、いつの間にか人気が無くなったみたいですね。

使えるインジケーターだったのに。

 

なので人気復活のためにも、今のトレーダーの皆様に知ってもらいたいと思います。

 

それでは、VQの説明をします。

 

VQは、以下の4つのパラメーター(デフォ設定)から構成されています。

 

 

このパラメーター説明

  • Length:計算に使う期間
  • Method:計算に使う移動平均の種類(0:SMA、1:EMA、2:SMMA、3:LWMA)
  • Smoothing:トレンド部分の平滑化
  • Filter:レンジ部分の平滑化

 

この4つの組み合わせで、色々な必勝パターンが存在します。

 

GORI
GORI

随分と、昔のことなのでGORIが使っていた設定は忘れてしましましたが、ネットで調べて見るといろんな設定を見つけつことができましたので、紹介します。

 

 

  • USDJPY:(4,2,4,1) (2,0,4,1) (2,3,3,3) (5,3,2,5) (5,3,6,2) (6,3,3,2) (6,3,4,2)
  • GBPJPY:(7,3,2,2) (3,2,3,4) (4,0,2,4) (7,3,4,6)
  • EURJPY:(5,3,1,2)
  • EURUSD:(5,3,1,3)

 

など、ネットでいろんなパターンを見つけることができます。

 

 

GORIの必勝法

 

また、いつものトレンドフォロー戦略です。

GORI
GORI

また、順張りかよ!なんて言わずにお付き合いください。

これしかできないので。

 

 

上の画像はドル円1時間足です。

サブウインドウに2種類VQを表示しました。

  • 上の設定:35,3,1,5
  • 下の設定:4,2,4,1

 

上の設定が長期足、下の設定が短期足ととらえて、いつも通り「押し目」「戻り」を狙っていく手法となります。

 

 

この設定はネットに落ちていたものをそのまま使用していますので、聖杯ではありません。

 

 

GORI
GORI

この設定を見ていると、レンジ相場で連敗してしまう可能性が高いです。

ですので、以前に紹介したトレンドとレンジを見分けるインジなどを併用してやると勝率がグンと高くなるような気がします。

 

 

気になった方は使ってみてください。

 

パラメーター

 

 

アラートにも対応しています。

アラートを「false」にすると、矢印まで消えてしまいます。

これは、GORIだけなのでしょうか?

 

 

インジケーターのダウンロード方法

★以下の『バナー』をクリックすると、バナーの下にダウンロードボタンが表示されます。

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

 

 

【FX&BO】MT4専用の無料インジケーター紹介サイト

 

当サイトからお知らせ

 

只今、当サイトから口座開設をしてくれたトレーダーの皆様に『海外の人気トレード手法』をプレゼント中です。詳細は画像をクリックしてください。

 

 

インジケーターの設定方法

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました