【無料インジ】2本の移動平均線がクロスしたら矢印サインを表示する

 

averages ribbon filled 1.02 (mtf + alerts + arrows)

 

2本の移動平均線がクロスしたら矢印サインを表示するインジの紹介。

 

GORI
GORI

今回は、GORIが良く使用している移動平均線の設定で紹介しますね。

そういえば、チャート右上にひっそりと「Buy」「Sell」の表示があります。

 

下の画像は、ドル円15分足

 

まずは、上の画像の設定にしてみます。

そのままの設定ですと、チャートが「雲」の裏に隠れて見えなくなるので、チャートが前面に来るように設定します。

(注)ここでは、MA間の塗りつぶしを雲と表現します。

 

 

チャート上で右クリック > プロパティから「チャートを前面に表示」にチェックします。

 

 

GORIが良く使っている15分足の設定

  • Fast:EMA20
  • Slow:EMA80
  • Display type:雲とサインを表示

 

この設定の良い所は、2本のラインで見ているよりも「押し目買い」「戻り売り」のタイミングが非常にわかりやすいこと。

 

 

雲のライン際が割とカクカクしているので、それが嫌な方は通常のライン設定にもできます。

ラインだけにするとチャートがスッキリとした印象を受けますが、何だかもったいないような感じがします。

GORI
GORI

同じチャートですが、雲がある方がエントリータイミングが分かりやすくないですか?

 

 

Display type:ラインとサインを表示

 

 

両方を組み合わせた設定もできます。

それでもライン際の辺りが、ちょっとカクついているような気がしますね。

そんなの気にせずに、この設定で使ってみましょう。

 

 

Display type:ラインと雲とサインを表示

 

気になった方は使ってみてください。

 

パラメーター

 

 

アラートに対応しているので使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

インジケーターのダウンロード方法

★以下の『バナー』をクリックすると、バナーの下にダウンロードボタンが表示されます。

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

 

【FX&BO】MT4専用の無料インジケーター紹介サイト

 

当サイトからお知らせ

 

只今、当サイトから口座開設をしてくれたトレーダーの皆様に『海外の人気トレード手法』をプレゼント中です。詳細は画像をクリックしてください。

 

 

インジケーターのインストール方法

 

  1. インジケーターをダウンロードします。
  2. インジケーターはzip形式ですので解凍し、フォルダ内にある『mq4またはex4』のインジケーターを取り出します。
  3. MT5を起動して、画面左上の『ファイル』>『データフォルダを開く』をクリックします。
  4. その中の『MQL4』フォルダを開いた先にある『Indicators』フォルダの中にダウンロードしたインジケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますので、それを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました