【無料インジ】エントリーとエグジットしたら自動で画像を保存する

 

ScreenShotOnTrade

 

エントリーとエグジットをした際に、自動でチャートをスクショするインジの紹介。

 

GORI
GORI

皆さんはトレードが終わったら、その時の画像を保存してトレードノートに記載していますか?

それ以前に、トレードノートの用意はされていますでしょうか?

 

今回は、週末に自分のトレードを見直してもらおうと思って「チャートを自動で保存するインジ」と「トレードノート」の2点を紹介します。

 

GORIも初心者だったころは、毎日の初めと終わりにチャートのスクショを撮って、週末にまとめて勉強していました。(当時は紙に印刷していました)

 

下の画像は、ドル円15分足

 

丁度この記事を書いているときに、GORIの得意なWトップかなと思って、インジの紹介とともにかっこいいところを見せよかな~とショートエントリーしました。

 

その時のトレードが下の画像です。

 

 

トレードタイミングとしてはよかったはずなのですが…

  1. 直近トレンドラインを割っている
  2. 直近のサポートラインを割っている(Wトップのネックライン)

 

以上に理由から、水色枠のところで5分足が確定したタイミングでショートエントリー、損切りを直近の高値の少し上に設定しました。

 

今回のトレードは、売ったら上がるのパターンでしたね。

含み益さえなく、あっという間にヒゲ(緑色枠)で損切られてしまいました。

あとで、チャートを見たらスリートップになるのかと思ったのですが、そのまま上昇していました。

 

しかし、タイミング的には優位性のあるパターンのトレードでしたので、後から見直してみても納得のいくトレードだったと思います。

 

こんな感じで、トレードしたチャートを残していると週末に検証できるわけです。

 

 

GORIのブログを読んでいる方は気づいているかもしれませんが、よくwトップや三尊のパターン分析をブログでやっています。

GORIも初心者のころは、あまりにも「初心者あるある」で負けまくっていました。

いわゆる、今回みたいな買っては下がる売っては上がるですね。

 

そのころに出会った、ブログ主のかたが非常にこのパターン分析で高勝率のトレードをしていたのが理由で、GORIもかなりその方の影響を受けていてパターン分析がいまだに大好きなのです。(残念ながら今はブログをやっていないみたいです。)

 

ちょっと、話がそれてしましたね。

 

このインジですが、画像が保存されている場所は下の通りです。

 

MT4左上「ファイル」 > データフォルダを開く > MQL4 > Files > screenshots内に通貨ペアごとにgif形式で格納されます。

 

毎回、MT4から画像を取り出してトレードノートに張り付けてもらえればと思います。

 

 

今回はもう一点、トレードノートの紹介もしておきます。

 

以下のサイトで、用意されていましたので今まで使用したことがない方はダウンロードしてみてください。

 

 

 

GORIとしては、複雑なものや時間がかかるのものは長続きしないので、もっと簡単なつくりのものでもいいのかなと思います。

 

是非とも、自分なりに工夫してやってみてください。

 

気になった方は使ってみてください。

 

パラメーター

 

今回は、何にも弄るところがなかったので画像もパスです。

 

インジケーターのダウンロード方法

★以下の『バナー』をクリックすると、バナーの下にダウンロードボタンが表示されます。

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

 

当サイトからお知らせ

 

只今、当サイトから口座開設をしてくれたトレーダーの皆様に『海外の人気トレード手法』をプレゼント中です。詳細は画像をクリックしてください。

↓↓↓クリック

 

インジケーターのインストール方法

 

  1. インジケーターをダウンロードします。
  2. インジケーターはzip形式ですので解凍し、フォルダ内にある『mq4またはex4』のインジケーターを取り出します。
  3. MT5を起動して、画面左上の『ファイル』>『データフォルダを開く』をクリックします。
  4. その中の『MQL4』フォルダを開いた先にある『Indicators』フォルダの中にダウンロードしたインジケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますので、それを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました