【無料インジ】環境にあわせてオリジナルのピンバーが設定できる

 

pin

 

環境にあわせてオリジナルのピンバーが設定できるインジの紹介。

 

GORI
GORI

タイトルを見ただけでは、「なんのこっちゃ?」と思うかもしれませんが、要は一本のピンバーの長さが最小PIPS~最大PIPSで値幅指定でき、さらに実体の長さまで割合で指定できます。

 

下の画像は、ドル円4時間足

 

普段、4時間足のチャートは使用しないのですが、今回のインジをデフォで使った場合サインが出ているのが4時間以上が多いので採用しました。

 

丁度、上の画像では黄色枠のところになります。

サインが出ている所のデフォ条件ですが

  • 1本のローソク足(ピンバー)の長さが、20PIPS以上で100PIPS以下であること
  • 実体の大きさが全体の40%以下であること

 

この条件を満たそうと思うと、ドル円では4時間足以上で多く見受けられます。

 

その他の条件として、

天底の目立ったところだけを表示する設定があります。

下のパラメーターで説明しますが、これを「false」設定にしていると赤枠のところでもサインが表示されます。

上の画像では、「true」にしているので表示されていません。

 

通貨ペアと時間足で設定が異なりますので、自分専用の「ピンバー」を設定してみてはいかがでしょうか?

 

気になった方は使ってみてください。

 

パラメーター

 

 

  • Depth of pinbars in percents:実体が全体の何%に当たるかを指定
  • Maximum range:ローソク足の大きさで最大PIPS
  • Minimum range:ローソク足の大きさで最小PIPS
  • Only extermum:「true」目だった天底のみサインを表示する

 

 

インジケーターのダウンロード方法

★以下の『バナー』をクリックすると、バナーの下にダウンロードボタンが表示されます。

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

 

当サイトからお知らせ

 

只今、当サイトから口座開設をしてくれたトレーダーの皆様に『海外の人気トレード手法』をプレゼント中です。詳細は画像をクリックしてください。

↓↓↓クリック

 

インジケーターのインストール方法

 

  1. インジケーターをダウンロードします。
  2. インジケーターはzip形式ですので解凍し、フォルダ内にある『mq4またはex4』のインジケーターを取り出します。
  3. MT5を起動して、画面左上の『ファイル』>『データフォルダを開く』をクリックします。
  4. その中の『MQL4』フォルダを開いた先にある『Indicators』フォルダの中にダウンロードしたインジケーターを入れます。
  5. MT4を再起動すると、インストールしたインジケーターが表示されますので、それを選択すればチャート上に表示することが出来ます。

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました