お知らせ
  • 2021.05.03 【U_CAN】無料自作インジ追加しました
  • 2021.04.27 【HIGHLOW_BREAK】無料自作インジ追加しました
  • 2021.04.22 【PARAPARA】無料自作インジ追加しました
  • 2021.04.20 【海外人気トレード手法】13個になりました
  • 2021.04.19 【WINNER_V1】無料自作インジ追加しました
  • 2021.04.18 【海外人気トレード手法】11個そろえました
  • 2021.04.17 【MAGICIAN_TREND】ゴゴジャンで販売してます
  • 2021.03.28 【POWER_TOOL】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.12.02 【SYNCHRO_MASTER_PRO】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.20 【SYNCHRO_MASTER】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.14 【CHANNEL_MASTER】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.13 オリジナル無料商材【栄華】ニューリリース
  • 2020.11.12 【70_TICK】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.10 【TRADE_PRACTICE】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.10 【LINE_MASTER】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.10 【TRADE_HISTORY】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.09 【00_LINE】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.08 オリジナル無料商材【大志】ニューリリース
  • 2020.11.07 海外人気商材【THV system】をニューリリース
  • 2020.11.04 海外人気商材【Symphonie Trader System】をニューリリース
  • 2020.11.03 海外人気商材【Genesis Matrix Trading】をニューリリース
  • 2020.10.27 無料商材【KEIGAN SIG】矢印の出るタイミングを変更しました
  • 2020.10.26 インジ【GORI METER2】をニューリリース
  • 2020.10.22 インジ【GORI POWER2】のデザインを変更しました
  • 2020.09.24 オリジナル無料商材【炯眼】ニューリリース
  • 2020.09.18 オリジナル無料商材【雷神】ニューリリース
  • 2020.09.09 オリジナル無料商材【爆裂】ニューリリース
  • 2020.09.03 オリジナル無料商材【天空】ニューリリース
  • 2020.08.25【Galaxy Trend FX】の無料商材【羅刹】ニューリリース
  • 2020.08.19【秒速スキャルFX】の無料商材【刹那】ニューリリース
  • 2020.08.11【マーフィーのFX投資術】の無料商材【竜虎】ニューリリース
  • 2020.08.04【FX Realize】の無料商材【朱雀】ニューリリース
  • 2020.07.28【億スキャFX】の無料商材【神威】ニューリリース
  • 2020.07.20【Gold Scal FX】の無料商材【紫電】ニューリリース
  • 2020.07.14【愛トレFX】の無料商材【紅蓮】ニューリリース
  • 2020.07.06【1秒スキャルFX】の無料商材【一撃】ニューリリース

意識されるサポレジ・トレンド・チャネルのラインを使った上位足分析

バージョンアップ情報・・・このページの最後に記載しています。

  • 2020.12.03 ピボット追加
  • 2020.12.03 フィボナッチ追加
  • 2020.12.03 ラインのON/OFF機能追加
  • 2020.12.03 「チャネル」参考にするバーの位置を修正

 

【LINE_MASTER】とは

↑オージードル円

ドル円4時間足

オーストラリアドル円1時間足

ユーロドル1時間足

【LINE_MASTER】は日足・4時間足・1時間の上位足のみでライン分析をするツールで、毎日のトレードで市場参加者の多くが意識していそうな最適な位置に、自動でサポレジライン・トレンドライン・チャネルラインを引っ張ります。
  • どこでエントリーするのか
  • どこで損切りするのか
  • どこで利確するのか

をラインで予測するツールです。

日足・4時間足・1時間の時間足だけにラインを表示します。

 

5つの特徴

図.1

上位足を一目みることで、チャートの動きを予測できるようにしました。

  1. サポレジの自動描画
  2. トレンドラインの自動描画
  3. チャネルラインの自動描画
  4. ラインタッチで通知
  5. ワンクリックで画像保存

 

使い方

図.1を参照してください。

5種類のラインを自動描画

・日足・4時間足・1時間で確認できる直近の高値と安値(水色枠)

R:レジスタンスライン、S:サポートライン

D1:日足、H4:4時間足、H1:1時間足

R D1:日足のレジスタンスラインを表しています。

GORI
GORI

図.1はドル円4時間足ですので、下位足である1時間足のサポレジは表示されません。

 

・前日の高値と安値(赤色枠)

HIGH:前日高値、LOW:前日安値

 

・100pipsごとのラウンドナンバー(オレンジ色枠)

00:ドル円では、小数点以下が00の104.00、105.00、106.00の位置

GORI
GORI

FX業者によっては、小数点以下2桁または3桁のところがあります。

画像でもよく効いているのが分かると思います。

 

・日足・4時間足・1時間で確認できるトレンドライン

常に三角持ち合いになるように、直近のローソク足の安値同士を結んだ「右肩上がりのライン」と高値同士を結んだ「右肩下がりのライン」を表示します。

 

・日足・4時間足・1時間で確認できるチャネルライン

初期設定では、過去のローソク足100本でチャネルの計算を行っています。

GORI
GORI

パラメーター設定から計算に使っている本数や色は変更可能です。

 

価格がラインにタッチしたら通知

「ず~っとチャート見ていることができないときに、自分の指定したラインにタッチしたらアラートが鳴ると助かるな~」と思って作りました。

  • UPライン
  • DOWNライン

2本のラインが出て、「ダブルクリック」すると任意の位置に移動できます。

 

ご自身で設定したラインにタッチしたときの通知の種類

  • 画面上にアラート通知
  • メール通知
  • プッシュ通知
  • LINE通知

ご自身でお好きな通知方法を選択できます。

 

  • STEP.1
    【=】ボタンをクリック

  • STEP.2
    2本のUP/DOWNライン

    デフォルトで、「赤色ライン」が2本出るようにしています。

    再度、ボタンをクリックすると消えます。

    • 上がUPライン
    • 下がDOWNライン

  • STEP.3
    ラインを移動

    このUP/DOWNラインはダブルクリックすることで、水平線や斜め線で任意の位置に移動が可能となり、「利食い」や「逆張り」のタイミングを計るのにお使いください。

    現在のローソク足が確定したときに、「高値」「安値」が指定したUP/DOWNラインにタッチしていたら通知するようになっています。

  • STEP.4
    ラインの色・太さ変更

    このラインは、「色」「太さ」を変更することができます。

    チャート上で「右クリック」して「Trendline」を選択する。

    スタイルのところで、「色」「太さ」を変更することができます。

  •  

    ワンクリックで画像保存

    「後でチャートを見直したいな」と思った時に、便利なスクリーンショットのボタンを設置しましたので、どこでもお好きなところで画像を簡単に保存できます。

     

  • STEP.1
    【SS】ボタンをクリック

    保存したいところで【SS】ボタンをクリック

    保存場所は、MT4の画面左上の【ファイル】から

  • STEP.2
    データフォルダを開く

    【データフォルダを開く】をクリック

  • STEP.3
    MQL4

    【MQL4】をダブルクリック

  • STEP.4
    Files

    【Files】をダブルクリック

  • STEP.5
    画像が保存

    ファイル名:【通貨ペア_時間足_年_月_日_時_分_秒】の順で保存されています。

  •  

    パラメータ設定

  • STEP.1
    表示中のインジケータ

    チャート上で「右クリック」をする。

    次に、「表示中のインジケータ」をダブルクリックする。

  • STEP.2
    編集

    「LINE_MASTER」を選択して、「編集」をクリックする。

    「パラメーターの入力」を選択する。

  • ボタンの位置・サイズと文字の大きさは変更できます。

    初期設定では、左下を基準に右上方向に5ピクセル分移動したところになっています。

    デフォルトでは、チャネルの計算は過去100本の足で計算していますので、任意の本数に変更してください。

     

    2020.12.03 パラメーターを新しく変更しました。

    新しく以下の3点について追加しています。

    • チャネルの参考にするバー
    • ピボット
    • フィボナッチ

    バージョンアップ情報・・・詳細はこのページの最後に記載しています。

     

    ラインタッチ通知の有無

    • 「false」使用しない
    • 「true」使用する

    初期設定ではすべての項目で「false」になっています。

     

    GORI
    GORI

    使用したい項目については「値」の場所で、「false」をダブルクリックして「true」に変更してください。

     

    アラート通知

    「true」に変更すると、ローソク足の高安値が終値でUP/DOWNラインにタッチしたタイミングでアラートがMT4 の画面上に表示されます。

    「UP LINE」が上ラインで、「DOWN LINE」が下ラインのタッチを表しています。

     

    ローソク足が確定した時に、通知条件がそろっていると何度も連続で通知が来ますのでアラートが気になる方は、UP/DOWNラインをクリックして「OFF」にしてください。

    メール通知

    高値・安値がUP/DOWNラインにタッチして、ローソク足が確定したタイミングでメールが届きます。

    利用者が多いGmail通知の仕方を説明します。

  • STEP.1
    2段階認証の設定

    まずはこちらから2段階認証の設定。

    画面右上の「使ってみる」ボタンから設定できます。

     

  • STEP.2
    アプリ パスワードを生成

    次にこちらからアプリ パスワードを生成。

     

    アプリ パスワードを生成するアプリは「その他」を選択します。

     

     

    (自分が見て分かる範囲で)適当な言葉を設定すると、16文字のパスワードが生成されます。

  • STEP.3
    メール通知の設定

    次にMT4からツール > オプションを開きます。

     

     

    「Eメール」のタブでメール通知の設定をします。

     

     

    「有効にする」にチェックします。

    • SMTPサーバー:smtp.gmail.com:465
    • SMTPログインID:発信元、送信先は自分の「メールアドレス」
    • SMTPパスワード:先ほど生成した「アプリパスワード」

     

    「テスト」ボタンをクリックして通知が届けば成功です。

  • プッシュ通知

    高値・安値がUP/DOWNラインにタッチして、ローソク足が確定したタイミングでスマホに届きます。

  • STEP.1
    アプリをインストール

    使用するにあたって、MT4のアプリをインストールする必要があります。

     

    GORI
    GORI

    プッシュ通知は「メール」「LINE」に比べて設定が楽で、通知速度も一番速いのでオススメです。

  • STEP.2
    ID確認

    MT4のアプリをインストールして、起動すると左上にメニューボタンがあるのでタップします。

    その中の「設定」を選びます。

     

    メッセージ欄にIDが表示(黒塗りの場所)されていることを確認します。

  • STEP.3
    プッシュ通知の設定

    次にMT4からツール > オプションを開きます。

     

     

    「通知機能」のタブでプッシュ通知の設定をします。

     

     

    プッシュ通知機能を有効にするにチェックします。

    MetaQuotes IDは、先ほどのアプリのIDです。

     

    「テスト」ボタンをクリックして、以下のような通知が届けば成功です。

  •  

    LINE通知

    高値・安値がUP/DOWNラインにタッチして、ローソク足が確定したタイミングでLINEに届きます。

    LINE通知を使用する方は、専用インジケーターの【line_notify_lib.ex4】が必要になります。入れる場所は、ファイル >データフォルダを開く >MQL4 >Librariesを開いて入れてください。
  • STEP.1
    LINEアカウントにログイン

    こちらからLINEのトークン(認証コード)を発行します。

    右上の「ログイン」ボタンから自分のLINEアカウントにログインします。

     

     

  • STEP.2
    トークン発行

    ログイン後、右上のアカウント名から「マイページ」に移動。

     

     

    そこでアクセストークンの発行が可能なので「トークンを発行する」をクリックします。

     

     

    (自分が見て分かる範囲で)適当な言葉を設定します。

     

     

    トークルームは1:1を選ぶと自分1人だけに通知が来るようにできます。

    発行したトークンは忘れないようにメモ帳などに保存しておきましょう。

  • STEP.3
    DLLの使用を許可

    次にインジケーター「LINE_MASTER」の「全般タブ」でDLLの使用を許可するにチェックします。

  • STEP.4
    トークン入力

    最後にパラメーターのタブで「LINEトークン」の値をダブルクリックして先ほど発行したトークンを入力すれば完了です。

  • MT4に導入の仕方

    このインジケーターは【Windows10 64bit版】、Meta Quotes社のMT4【Build 1280】でコンパイルした【ex4】ファイルです。
  • STEP.1
    ex4ファイル

    2種類のファイルがあります。

    • 本インジケーター【LINE_MASTER.ex4】
    • ライン通知を使用する方用【line_notify_lib.ex4】

    以上のファイルが入っていますので、MT4に入れてみましょう。

  • STEP.2
    データフォルダを開く

    【ファイル】から【データフォルダを開く】をクリック

  • STEP.3
    MQL4

    【MQL4】をダブルクリック

  • STEP.4
    indicators

    【Indicators】をダブルクリックして、【LINE_MASTER.ex4】ファイルを入れる。

  • STEP.5
    MT4の再起動

    画面左上の赤枠「ナビゲーター」をクリックする。

    ナビゲーター内に【LINE_MASTER.ex4】ファイルが確認できれば、一度MT4の画面を消してください。

     

    再度MT4を立ち上げるとインジケーターが使用できます。

    GORI
    GORI

    インジケーターをダブルクリックするとチャートに表示されます。

  •  

    入手方法

    このインジケーターは下記から入手できます。

    ゴゴジャン(インジケーターの販売サイト)

    【LINE_MASTER】の購入はコチラ

     

    バージョンアップ情報

    2020.12.03 ピボット追加

    ↑ドル円日足

    2020.12.03 フィ↑ドル円日足ボナッチ追加

    ↑ドル円日足

     

    初期設定では、現在のローソク足「0」から「30」本までの高値・安値を参考にフィボナッチの計算をしています。

     

    GORI
    GORI

    お好みで、使用する本数を変更してください。

    2020.12.03 ラインのON/OFF機能追加

    ↑ドル円4時間足

     

    全てのラインに対して、ON/OFF機能を付けました。

    • SR・・・サポレジ
    • TL・・・トレンドライン
    • CH・・・チャネル
    • HL・・・High,Low
    • 00・・・ラウンドナンバー
    • PV・・・ピボット
    • FB・・・フィボナッチ

    2020.12.03 「チャネル」参考にするバーの位置を修正

    パラメーターに「参考にするバー」を追加しました。

    • 「0」は現在の足から「100」本の本数を計算してチャネルを引きます
    • 「10」に変更すると、10本前の足から「100」本の本数を計算してチャネルを引きます

     

    チャネルのライン延長をしたい方は以下の方法でしてください。

     

    スポンサーリンク
    GORIをフォローする
    最強インジケーター
    テキストのコピーはできません。
    タイトルとURLをコピーしました