お知らせ
  • 2021.07.04 XMのアクティブトレーダーに「オリジナルシステム」をプレゼント
  • 2021.07.02 【WINNER_V2】無料自作インジ追加しました
  • 2021.06.25 【海外人気トレード手法】14個になりました
  • 2021.05.03 【U_CAN】無料自作インジ追加しました
  • 2021.04.27 【HIGHLOW_BREAK】無料自作インジ追加しました
  • 2021.04.22 【PARAPARA】無料自作インジ追加しました
  • 2021.04.20 【海外人気トレード手法】13個になりました
  • 2021.04.19 【WINNER_V1】無料自作インジ追加しました
  • 2021.04.18 【海外人気トレード手法】11個そろえました
  • 2021.04.17 【MAGICIAN_TREND】ゴゴジャンで販売してます
  • 2021.03.28 【POWER_TOOL】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.12.02 【SYNCHRO_MASTER_PRO】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.20 【SYNCHRO_MASTER】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.14 【CHANNEL_MASTER】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.13 オリジナル無料商材【栄華】ニューリリース
  • 2020.11.12 【70_TICK】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.10 【TRADE_PRACTICE】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.10 【LINE_MASTER】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.10 【TRADE_HISTORY】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.09 【00_LINE】ゴゴジャンで販売してます
  • 2020.11.08 オリジナル無料商材【大志】ニューリリース
  • 2020.11.07 海外人気商材【THV system】をニューリリース
  • 2020.11.04 海外人気商材【Symphonie Trader System】をニューリリース
  • 2020.11.03 海外人気商材【Genesis Matrix Trading】をニューリリース
  • 2020.10.27 無料商材【KEIGAN SIG】矢印の出るタイミングを変更しました
  • 2020.10.26 インジ【GORI METER2】をニューリリース
  • 2020.10.22 インジ【GORI POWER2】のデザインを変更しました
  • 2020.09.24 オリジナル無料商材【炯眼】ニューリリース
  • 2020.09.18 オリジナル無料商材【雷神】ニューリリース
  • 2020.09.09 オリジナル無料商材【爆裂】ニューリリース
  • 2020.09.03 オリジナル無料商材【天空】ニューリリース
  • 2020.08.25【Galaxy Trend FX】の無料商材【羅刹】ニューリリース
  • 2020.08.19【秒速スキャルFX】の無料商材【刹那】ニューリリース
  • 2020.08.11【マーフィーのFX投資術】の無料商材【竜虎】ニューリリース
  • 2020.08.04【FX Realize】の無料商材【朱雀】ニューリリース
  • 2020.07.28【億スキャFX】の無料商材【神威】ニューリリース
  • 2020.07.20【Gold Scal FX】の無料商材【紫電】ニューリリース
  • 2020.07.14【愛トレFX】の無料商材【紅蓮】ニューリリース
  • 2020.07.06【1秒スキャルFX】の無料商材【一撃】ニューリリース

未来予測ツール【FuturoFX 】

 

インジケーターのダウンロード

 

FuturoFX

 

Step1.インジケーターのダウンロード

ダウンロードボタンから「FuturoFX」をダウンロードします。

 

Step2.MT4に設置する

 

フォルダ内の「Cerbrero.dll」を以下の手順で、MT4「Libraries」の中に入れます。

ファイル<データフォルダを開く<MQL4<Libraries

 

indicatorフォルダ内の「FuturoFX.mq4」を以下の手順で、MT4「Indicators」の中に入れます。

ファイル<データフォルダを開く<MQL4<Indicators

 

入れ終わったらMT4を再起動

Step3.インジケーターの設定

「ナビゲーター」から「FuturoFX.mq4」をダブルクリック

 

「DLLの使用を許可する」にチェックする

 

 

「OK」ボタンを押すとFuturoFXが使用できます。

 

FuturoFXの説明

 

⻩⾊のバーチャート

チャート上の赤枠で囲われた部分「現在のローソク足のパターン」を参考にして、過去のチャートの値動きの中から最も相関の高い動きをチャートの右側に表示させます。

 

現在の赤枠の値動きと過去の値動きの中で、相関のある値動きは複数⾒つかります。
その中で最も相関の高かった値動きを示したのが、⻩色いバーチャートとなります。

 

 

↑チャートで左側に同じように赤枠で囲われた箇所が⾒つかります。

 

このように過去のチャートで赤く囲われた部分が、現在の赤枠と最も相関の高い値動きをしたものとなります。

GORI
GORI

確かに、似ています

 

⻩色いバーチャートの右側には、⻩色い⽂字で一致率を示しています。

また、それ以外の相関のあるパターンは平均化して赤色の帯として表示されます。

 

赤色ゾーンについて

赤色のゾーンは過去に相関のあった値動きのその後の動きを平均化して表示しています。

上のチャートの赤色ゾーンに表示される16という数字がありますが、これは過去をさかのぼった結果、現在のパターンと似たパターンが16個⾒つかったという意味になります。

一致率は過去16個の相関ある動きを平均した場合、現在の値動きと77.22%の相関があるという意味になります。

基本的には、一致率が高い方が予測率が高くなります。

要は、この似たパターン数が多く一致率(%)が高いことと、また黄色バーチャートと赤色ゾーンの動きが一致していること。

 

⻩⾊いバーチャートや桃⾊の帯が表示されない時


過去の値動きの中で、似たパターンが無ければ何も表示されなくなりN/Aと表示されます。

 

チャート左上の表示について

チャート左上に表示されている四角の部分は条件を示しています。

 

以下に各項目の意味を解説していきます。

Current Open Time
現在のローソク⾜の始値の時間を示しています。

 

Candles analyzed: 1440 out of 8215
過去のローソク⾜のうち何本分さかのぼって相関を調べたかを示しています。
上記では「1440 out of 8215」となっていますが、これはMT4に8215本分のローソク⾜のデータがあった中で、1440本分までさかのぼって相関を調べたという意味になります。

 

Correlations【120】performed: 1200
過去のチャートの中から相関のあるパターンを調べた回数を示します。
上記の場合は、120本分のローソク⾜と相関のあるパターンを過去のチャートをさかのぼって1200回調べたという意味になります。)

 

Correlation>=75.0% : 8matches(78.28%)
現在のパターンと相関のある動きを調べた結果が掲載されています。
ここでは、75%以上の相関があったのは8個あり、それらを平均すると、78.28%の相関だったという意味になります。

 

Best Correlation=79.64%[2021.03.24.16:45]
最も相関の高かった動きの時間と、どれだけ相関があるかを示しています。

 

Std Dev(pips)=52.5 on Hights, 54.0 on Lows
過去の相関のあった値動きの標準偏差を示しています。

 

Potential(pips):Long 27.7 Short 14.2
現在のローソク⾜の始値と、その横に表示される⻩色いバーチャートの最高値と最安値までの距離を示します。

  • Long 27.7pipsということは、現在のローソク⾜の始値から⻩色いバーチャート群の最高値までの距離が27.7pipsあるという意味です。
  • Short 14.2とは、現在のローソク⾜の始値から⻩色いバーチャート群の最安値までの距離が14.2pipsあるという意味です。

 

Confidence Score=65.5%
この数値は一致率を示しています。

 

パラメーター設定

 

Look_back (120)
過去の動きと相関を⾒る時のローソク⾜の本数を示します。
この数字を変化させると、赤い枠で囲われたローソク⾜の本数が変化します。

 

look_forward(24)
最新のローソク⾜の右側に表示する⻩色いバーと赤色ゾーンの本数です。

 

max_history(1440)
現在のチャートとの相関を調べるために参照するローソク⾜の本数です。
デフォルトが1440ということは、過去1440本さかのぼって相関を調べるという意味になります。
値を0にすると、過去のローソク⾜全てにおいて相関を調べられます。

 

correlation_data (OHLC )
相関を計算する際に利用する値です。
O(Open=始値)
H(Hight=高値)
L(Low=安値)
C(Close=終値)

 

cor_threshold (75)
現在の値動きと過去の値動きを参考して、「高い相関」を⾒つけ出します。

デフォルトの75という値は、相関が75%以上ないと平均の計算には入れないという意味になります。

 

select_best_correlations (50)
参考にする過去チャートの期間を⻑くすれば、75%以上の相関のあるパターンも多く⾒つかる傾向にあります。

デフォルトの50という数字は、相関の高いTOP50までを赤色ゾーンの計算に利用する
という意味になります。

 

display_options (TABR)
応用的な使い方は割愛します。

 

avg_projection̲color (Tomato)
赤色ゾーンの色を変更します。

 

best_projection_color (Yellow)
⻩色バーチャートの色を変更します。

 

text_size(10)
赤色ゾーンと⻩⻩色バーチャートに表示される数字のフォントサイズです。

 

text font (segoe UL)
赤色ゾーンと⻩⻩色バーチャートに表示される数字のフォントです。

 

Window_screenshot(0)
自動的にチャート画像を保存するスクリーンショット機能が備わっています。

デフォルトの「0」ではスクリーンショット機能はオフになっています。

ここに「1」と入⼒すると、新たに⾜が更新されるたびにスクリーンショットを保存します。

 

まとめ

結局は、次のような使い方がいいのかなと思います。

  • 今使っているインジケーターと⼀緒に表⽰させて利⽤する
  • 今後のシナリオを考えるときに参考にする

 

 

FuturoFX

スポンサーリンク
GORIをフォローする
最強インジケーター
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました